ゆっくり

自分と向き合う

非日常な日常の余白

町家 Tentofu~絵本とアートのゆたかな日常カフェ~

町家Tentofuは、

完全予約制の食事や飲み物等付きの

だらだら滞在型スペース

「たきび文庫カフェ」

(宿泊施設ではありません)

予約なしで利用可能の

「アートスペースImagine」

(絵本販売&アート展示)

からなる場所です。


あるようでないかもしれないところ?

ないようであるかもしれないところ?

いつ開いてるの?

どこにあるの?

ナゾだらけ、邪魔くさいことだらけの

町家Tentofu です。

Topic

アートスペースImagine にて、

2022年6月4日(土)〜8月7日(日)まで、松村真依子個展『雨の日の本と絵の物語』開催

 

*高砂のまちをひとつのカフェのように楽しんでいただく「ぶらサゴ」の試みをはじめました。

 バ

*だらだら滞在のお食事等付きの「たきび文庫カフェ」はご利用の3日前までに事前予約お願いしております。何卒ご了承ください。

 

ワンドリンクで「たきび文庫カフェ」に90分滞在利用いただける90分カフェは、18時までのご入店の場合は事前予約なしでご利用いただけます。但し、予約で一杯の場合は、ご利用いただけませんので、ご了承ください。

なお、18時以降のご入店の場合は、事前予約(ご利用日の前日まで)が必要ですのでご注意ください。

 

コロナ関連はこちら

ゆっくりな時間

町家Tentofuは、ひとの心の中に灯りをともす場になればと願っています。

絵本やアートを通じて、自分とゆっくり向き合い、日常のゆたかさを感じていただく場所にしたいと考えています。

心をゆたかにする本

町家 Tentofuの「たきび文庫カフェ」では、自身の奥底にあるゆたかさの価値観に向き合うきっかけとなる絵本等を揃えています。

これらの本を一日かけて自由にお読みいただけます。

(続きを読む)

想像するアート

非日常的なアートから身近な日常とのつながりに気づいたり、考えたりすることが日常をゆたかにしていくことになると考えています。

町家 Tentofuの「アートスペースImagine」では、アート展示やアーティストとの交流を楽しんでいただけます。

絵本等の販売もしています。

(続きを読む)